妊娠を経て出産をすると言うのは当たり前のように思えて非常に複雑なんです。

 

そして、そのためには妊婦さんは色々な準備をして行く必要があります。例えば、食事をきちんと摂って栄養素が不足しないようにする、早寝早起きを心がけて規則正しい生活を送って行くなどです。

 

しかし生活を気を付けていてもどうしても襲われるのが、つわりや眠気と言った妊娠特有の不調です。全員が同じようにかかる訳ではありませんが、体質やこれまでの生活習慣などによっては妊娠中常に悩まされてしまう場合も。

 

そこで当サイトでは、妊娠中に悩まされがちなトラブルについて、妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期・出産後の4つに分けて症状や対処法を徹底解説!もし、つわりなどの不調にお悩みであれば是非とも参考にしてくださいませ。

 

まずは自分の体質を知ろう

このサイトでは、妊娠中に起こりやすいトラブルを

①気虚タイプ
②血虚タイプ
③瘀血タイプ
④気滞タイプ
⑤陰虚タイプ
⑥痰湿タイプ

 

の6種類に分けて解説をしています。それぞれのタイプによって、どのような対策を取れば良いかが異なりますので、まずは自分がどのタイプなのかを把握しておく事が大切です。

 

気虚タイプ

 

まずは気が不足してしまっている可能性が高い気虚タイプです。

 

どうして気虚になってしまうのかと言えば、基本的には毎日の仕事や家事が忙しくて過労や睡眠時間が削られてしまうのが原因とされています。

 

やはり妊娠中の体力を養うためには体調を万全の状態にしておかなければならないのですが、このタイプは疲れが蓄積されて慢性的に免疫力が低下してしまっているのですね。

 

そのためつわりなどで食事が摂れなかったりしますと、体調を崩して風邪を引いてしまうなどの悪影響が発生してしまいます。栄養が少ないと感じる時は妊活サプリがおすすめです。

 

【気虚タイプの特徴】

・背中が曲がって猫背である
・何かあるとすぐ気負ってしまうタイプだ
・何度も聞き返されたりする
・日々忙しく疲れを感じている事が多い
・胃腸が弱く消化不良気味だ

 

血虚タイプ

 

全身の血液が少ないのが血虚タイプの特徴です。血液が少ないと、すぐに息が切れたり頭がクラクラしやすくなる事が多くなってしまいます。

 

血虚になってしまうのはやはりその名の通り「血液不足」が原因です。食事の量が少なかったりと、栄養不足になる事で血液が生成されなくなってしまうんですね。

 

妊娠中は母体だけでなくお腹の赤ちゃんにも良質な血液を送って上げる必要がありますので、出来る限りつわりで苦しい時でも必要な栄養を摂って血液不足にならないようにしたいところ。

 

鏡で顔を見た時に何となく青白く感じる、肌や髪がパサついている時は要注意!妊活サプリなどからきちんと鉄分を補う事が大切です。

 

【血虚タイプの特徴】

 

・顔や皮膚が青白い
・ドクンドクンと動機を感じやすい
・疲労はあるけどなかなか寝付けない
・皮膚や髪の毛がパサパサと乾燥しやすい
・気を抜くとクラっとする事が多い

 

瘀血タイプ

 

血液は不足してはいないんだけども、血の流れが悪く滞りやすいのが瘀血タイプです。

 

舌を鏡で見て、真っ赤ではなくて何となく紫っぽい色をしていて、舌の裏に太い静脈が浮き出ているのであればこのタイプである可能性が高いです。

 

瘀血になってしまう原因には、睡眠不足や妊娠中にストレスを感じやすい、冷えなど色々な原因があります。この結果身体の機能が低下して血液が循環し辛くなってしまうのですね。

 

妊娠中に起こると、つわりやむくみであると症状に悩まされる他、生理痛や関節痛などを伴いやすくなります。まずは、血液の巡りを活性化させるために適度な運動を取りいれるようにしましょう。

 

【瘀血タイプの特徴】

 

・定期的に肩や腰が凝りやすい
・鏡で自分を見ると目の下にクマが出来ている事が多い
・性格的にストレスを溜め込気やすい方だ
・くすんだ顔色でツヤを感じられない

 

気滞タイプ

 

気滞タイプは全身を流れる気が滞っているのが特徴です。大きな特徴としましては、妊娠中のつわりや体質の変化によるストレスの感受性が非常に高い事。

 

ストレスが邪魔をして体内を巡る気が滞ってしまっているんですね。自律神経が特に最初にやられやすく、些細な事であってもイライラしてしまったりそれによって不眠になってしまう症状があります。

 

妊娠中は体調を維持する事を何よりも優先しなければいけません。気滞タイプの方はまずはきちんと体と心を休めて、良質な睡眠が確保できるような環境作りが何より大切になってきます。

 

【気滞タイプの特徴】

 

・何も食べていないのに口に苦みがある
・些細な事で怒りっぽくイライラしやすい
・お腹にガスが溜まりやすい体質だ
・怒りっぽいかと思えば、たまにうつ気味になる

 

陰虚タイプ

 

陰虚タイプは全身の水分が不足している場合が多く、それに伴って全身に熱を帯びやすく常にほてったような感覚に襲われるのが特徴です。

 

水を飲む習慣があまりないため、常に身体が渇き切っているような状態。どれだけ野菜を食べても身体を動かしても便秘気味なのは、もしかしたら水分不足が原因であるかもしれませんね。

 

便秘になると身体がだるくそして重く感じやすいです。また、栄養の吸収状態も悪くなってしまいますので、まずは適度にお水を飲む習慣を付ける事。2時間おきに200mlのお水を飲むようにしましょう。

 

お水をきちんと取りいれると、のぼせやすい症状や手足のカサツキといった肌トラブルまで解消してくれる効果があります。

 

【陰虚タイプの特徴】

 

・日頃から便秘気味である
・熟睡できず、眠っている間に汗をかきやすい
・喉や口のなかが渇きやすい
・かゆみを伴った皮膚のカサツキが起きやすい

 

痰湿タイプ

 

陰虚タイプとは反対に、体内に水分が有り余っている状態の人を痰湿タイプと呼びます。よく、むくみに悩まされやすいのが特徴ですね。

 

痰湿になってしまう原因はズバリ食生活です。脂っこいものや塩分が多い物、甘いものを好んで食べる事が多いため、体内に水分を溜めやすい体質を作り出しているんです。

 

妊娠をしていないにも関わらず、酷いむくみに悩まされている、鼻水や目やにが止まらないのであれば、痰湿タイプである可能性は高いですね。妊娠時にはむくみが起きるため、酷い痛みに悩まされる事も。

 

対策は食生活の見直しです。なるべくヘルシーで栄養価の高いものを食べるようにし、塩分も1日に7gを超えないように調節して行ってくださいね。

 

【痰湿タイプの特徴】

 

・脂肪を溜め込みやすい体質だ
・常に身体に重くのしかかるような疲れがある
・むくみやすく吹き出物が多く出る
・吐き気や胸やけに悩まされる事が多い

 


 

それでは、以下から妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期に悩まされがちな症状を見て行きます。

妊娠初期

 

妊活を経て妊娠をすると、これから育まれるお腹の新たな命を育てていくために、ホルモンバランスが変化して身体の中で様々な不調が起こるようになります。

 

日中何もない時に急に眠気を覚えたり、これまではスラっとした体型をキープ出来ていたにも関わらずむくんでしまったりなどです。

 

このように妊娠をしてからおよそ4カ月までの期間は、一般的には妊娠初期と言われています。受精卵が形成され、脳や神経などが急ピッチで育てられていくようになるんです。

 

特に初めて妊娠をされた方の場合、これまでとは違う体調の変化に驚かれるでしょう。つわりなどで気持ち悪くなったりもして肉体面だけでなく、精神的にも重いストレスがのしかかってしまいます。

 

まずは無理をしなくても大丈夫です。いきなり無理をしてしまいますと、長い長い妊娠期間の後半に持たなくなってしまいます。妊娠中の体質の変化は仕方のないもの、何をやっても上手く行かない自分を責めないで上げて下さいね。

 

この時期であれば、身体を動かしてもお腹の赤ちゃんに影響を及ぼす事はありません。適度な運動は血流の改善や、食欲増進になりますので、これまで運動が苦手だったと言う方もウォーキングなどの軽めの有酸素運動を取りいれてみて下さい。

 

【妊娠初期の問題一覧】

 

つわり

イライラする

眠たい

眠れない

むくみ

ほてり

トイレが近い

 

妊娠中期

 

つわりやだるさに悩まされた妊娠初期から一転、全妊娠期間の中でも比較的穏やかに過ごせるのがこの妊娠中期です。マタニティライフを1番楽しめる時期でもありますね。

 

この頃に差し掛かると、お腹の中で胎盤が出来上がります。初期では脳や神経などが形成されていきましたが、胎盤が完成した事でへその緒を介して、赤ちゃんに良質な栄養と酸素が届けられるようになります。

 

その結果、赤ちゃんが一気に大きくなっていきます。つわりなどは治まってきつつあるものの、お腹が大きくなりますので肉体への負担はその分跳ね上がります。ようやく「赤ちゃんが動いた!」を実感出来るのもこの時期。

 

そしてつわりも安定し食欲が取り戻されますので、初期でなかなか食べられなかったと言う方はきちんと食べて妊娠・出産に備えて体力を付けておきましょう!妊娠中期もヨガなどの軽めの運動は忘れずに。

 

ただし無理は禁物です。少しでもお腹に何かしらの違和感を覚えるようでしたら、安静にして様子を見ておく事が大切です。

 

【妊娠中期の問題一覧】

 

腰痛

静脈瘤

妊娠線

 

妊娠後期

 

初期、中期を迎えいよいよお腹で育った赤ちゃんを出産に向けて準備して行く時期が妊娠後期です。

 

ここまで来るとお腹の赤ちゃんの大きさもピークを迎えていますので、お腹は前にせり出し重心もそれに伴って前方へと移動して行きます。背骨が反るような形になり辛いですし、全体のバランスも取り辛いです。

 

ですので、日常生活を普通に過ごすだけでも一苦労!特に段差がある道や階段などには要注意。転倒してしまうと流産になってしまう危険も高まってしまうため、常に細心の注意を払って過ごすようにしましょう。

 

そして大きなお腹を支えなければいけない足腰にも尋常じゃないレベルの負荷がのしかかります。妊娠後期までにいかに良質な栄養素を摂って、筋肉や骨を丈夫にしておくかが明暗を分ける事にも繋がってしまう訳ですね。

 

ただ、栄養を付けようと思っても、妊娠後期はお腹が圧迫されてしまいますので食べ物を食べる気力もなかなか沸いてきません。そんな時には一度で食べようとは思わず、1日5,6回に分けて細かく食べるのがおすすめ。

 

胎動が最も激しくなるのも妊娠後期ですね。よく「お腹を内側から蹴られた!」と言う表現をしますが、まさにそんな感じ。胎動が強ければ強い程、お腹の赤ちゃんもスクスクと育っている証です。念願の赤ちゃん誕生まで、もう間もなくですよ!

 

【妊娠後期の問題一覧】

 

逆子

妊娠高血圧症候群

陣痛が来ない

 

出産後

 

妊娠中はさまざまな変化が身体の中で起こりましたが、無事に赤ちゃんを産み終わると身体は妊娠前の状態に戻ろうとする働きが起こります。

 

マタニティブルーもそうですし、抜け毛が起こり始めたりする人もいます。それでも全ての人に見られる変化が、子宮の大きさがこれまでと同じ大きさに戻ると言う事。

 

これを専門用語では産褥期(さんじょくき)と言うのですが、この産褥期では胃のあたりまで膨張した子宮が、産後半日ほど経過するとおへその辺りまで一気に元に戻って行くんですね。

 

そしてそこからは、ゆっくりと1カ月弱程度時間をかけながら元の大きさに戻って行くのです。ただこの時期もまだ完全に体力が回復している訳でもなく、精神的に落ち込みやすい時期でもあります。

 

退院してから初日から家事を頑張るのではなく、まずはきちんと体を休めて下さいね。そして落ち着いたら少しずつ家事を再開するとともに、愛する我が子に全力で愛情を注いで挙げて下さい。

 

妊活サプリの重要性

 

妊活の末、妊娠している事が発覚しましたらまず何から始めれば良いのかと言われれば、まず1番に対策として考えられるのが栄養面の改善です。

 

これまで夕食はインスタント食品や外食だけで済ます事が多かったのであれば、見直さなくてはいけません。と言うのも、妊娠をしたのであれば栄養が必要なのはあなただけではなくなるからです。

 

そう、お腹の赤ちゃんを育てて行かなければいけません。あなたが食べた物(栄養素)が直接赤ちゃんに届けられる訳ですから、仮にも脂肪分や塩分が多い食時ばかり食べていたのであれば・・・・。

 

妊娠をして出産をするのは当たり前のように思えますが、それを裏でサポートしてくれているのが規則正しいバランスの取れた食事になります。もちろん、1食だけでなく朝・昼・晩と全ての食事を充実させる必要があります。

 

ただ、ここで障害となるのが妊娠中のトラブルです。代表的な物で言えばつわり。特に吐きつわりに悩まされてしまいますと、赤ちゃんのために・・と頑張って食べようとはするのですが、胃が受け付けてくれないんです。本当厄介ですよね・・・。

 

妊娠をしていない時であれば、体調が悪くても1食抜いた程度では身体に大きな影響は現れませんが、お腹に愛する生命が宿ったのであれば話しは別。栄養不足は流産や死産にも繋がる恐れがあります。

 

「栄養素が不安・・・つわりで食べられない・・・」そんな時におすすめなのがサプリメントとして栄養を補う事。食べ物を食べて胃に溜める必要が無いですので、どれだけ気持ちの悪い時でも手軽に栄養を補う事が出来ます。

 

またただ適当にビタミンなどのサプリメントを選べばよい訳でもありません。妊婦さんが妊活、妊娠、出産後に積極的に摂るべきなのが、妊活サプリと呼ばれるもの。これは妊婦さんに特化した、葉酸などの妊娠中に不足しがちな栄養を効率良く摂れるサプリメントです。

 

ですが、今では非常に多くの妊活サプリが市場に出回っています。適当に良さそうなのを選べばよい訳でもないんです。どれを買ったら良いのか分からない・・と言う方は、妊活サプリの専門サイト(←タップでサイトへと飛びます)を参考にするのを強くおすすめします。

 

どんな妊活サプリを選べば良いのか詳しく解説がされていますし、ここのサイトの管理人さん自体もBABY葉酸ママのめぐみと呼ばれるサプリメントを愛用されているみたいです。レビューもされているようですので、迷ったらこのサイトNo.1のBABY葉酸ママのめぐみを買っておけば間違いはないのかもしれませんね。