これまではあまり暑さを感じない、どちらかと言えば冷え性気味だったのに、妊娠をしてから身体のほてりを感じるようになった、と言う方も多いと思います。

 

体調の変化を感じると、お腹の赤ちゃんに何か悪い影響が起きないかしら・・?と心配になったりするものですが、このほてりに関して言えば心配をする必要は一切ありません。

 

と言うのもこれは妊娠時に起きる生理現象の1つであるためです。お腹に新たな命が宿ると、育てていくための準備をしなければいけませんので、身体が適応、ホルモンバランスが乱れるために体温が上がるためですね。

 

ただ、全身がほわーんとほてりを感じる程度であれば問題無いと書きましたが、太ももだけ、背中だけと言った具合に局所的に強いほてりに襲われる場合は、妊娠前から引きずっている身体の不調が背景に潜んでいる場合があります。

 

そしてほてり以上に気を付けなければいけないのが、ほてって身体が温まった後に反動で身体が冷えてしまう事。特に妊活中に身体が冷えてしまいますと、代謝が低下⇒お腹の赤ちゃんに栄養が行き渡り辛くなるなど、あまり好ましいとは言えません。

 

身体がほてると、どうしてもシャツ1枚になりたくなりがちですが、特に身体が冷えやすい秋から春にかけては、ほてっていてもなるべく厚めに着込むなどの防寒対策は欠かさないようにして下さいね。

 

気虚の方の場合は?

 

気虚タイプの方の場合は顔周りにほてりが発症しやすいのが特徴で、その他には手足がほんのり熱を帯びた様な感覚に襲われていきます。

 

これが起こってしまう原因として挙げられるのが、気の不足。そうなると体内を巡りに巡っている血液や水分が循環し辛くなってしまい、それを何とかしようと熱を帯びてしまうんです。

 

さらに妊娠初期と言うのはお腹の赤ちゃんの組織を形成していく大切な時期です。胎盤周りに栄養が密集してしまいますので、四肢の末端や顔周辺にまで血液を集めている余裕が無くなっているのです。

 

ほてりを何とかするのであれば、まずは体内の水分の循環力を高めて上げる事。そのために必要な事はお水をいつもより多く飲むようにする、ショウガを食べて血液の巡りを良くしてあげる事が求められます。

 

血虚な方の場合は?

 

血虚な方の場合は巡りを促してくれる血液が不足していますので、妊娠中であっても比較的汗をかきにくく、熱を身体の中で閉じ込めてしまう傾向にあります。

特に顔や手足がすぐに熱くなってしまう、これは血虚タイプの典型的なパターンであると言えますね。熱がこもり、巡りが鈍ってしまった結果すぐふくらはぎが攣ったり、手足がしびれてしまうのも特徴です。

血虚タイプの方は、まずはきちんと全身の血液を増やしてあげる事。最終的には血液と水分が体内で満たされている状態が維持出来れば、自然とほてりと言うのは治まってきます。

やはり血液を増やす食事を日常から意識して行きましょう。鉄分を多く含むほうれん草や小松菜などの野菜をしっかりと食べて行きましょう。ただし、レバーは妊娠中にはあまりよくありませんので注意。

 

瘀血な方の場合は?

 

気虚タイプや血虚タイプは身体の一部にほてりを感じやすいですが、この瘀血タイプは全身がポカポカと暑さを感じてしまうのが大きな特徴であると言えます。

 

と言うのも、瘀血タイプは全身に血液の量はあるんだけれども、その流れが悪い。上手く巡りを起こそうと身体が反射を起こし、全身が燃えるように熱くなってしまうと言う訳ですね。

 

とりわけ妊娠中のほてりを感じやすいのは、血液が集まる部分である肩や首の回り。このほてりが原因でコリを引き起こしてしまう事もありますので、疲れを溜めないためにも対策は欠かせません。

 

とは言いつつも、ずっと強いほてりに襲われる訳でもなく、一時的な場合がほとんど。そこまで心配はいりません。対策としましては、1時間おきに水を200ml取るなどになります。

 

気滞の方の場合は?

 

気滞タイプの方の場合は、気が滞ってしまいますと気の通り道が塞がれる形となってしまいます。すると、気の集まるポイントである頭部に集中し、ボーっとした感覚に襲われてしまうのです。

 

そして汗をかきにくいのも気滞タイプの特徴。動物と言うのは汗をかいて体温を冷ます働きがありますので、その汗を体外に排出出来なければ自然と身体を冷やす事が出来なくなってしまうのですね。

 

気滞タイプの方は自分の顔を鏡を見てみて下さい。熱がこもりやすいので子どものように頬が真っ赤になっているかと思います。このタイプがほてりを抑えるためには、まずは気の通り道を確保して上げる事。

 

そんな時におすすめなのがハーブティです。

 

陰虚な方の場合は?

 

陰虚タイプの方の場合は、午前中は割と症状が落ち着いている事が多いですが、午後になるとほてりや熱を帯びた感覚が酷くなってしまいます。

 

そして特徴的なのが、寝ている最中や明け方の時間帯に一気に身体がほてってしまい、無意識の内に目が覚めてしまう事もあります。これを「潮熱」と言うのですが、潮熱が起こると寝不足に苦しんでしまう場合も。

 

日中の活動を妨げてしまう恐れのある潮熱を鎮めるのに効果的な食材はアサリ。疲れ切った内臓のオアシスとなってくれるアサリは、体温を平熱に保つなど妊娠中に悩みがちなほてりを抑えるための救世主になります。

 

おすすめな調理法がお味噌汁。煮出した汁も余す事なく頂けますので、効率良く身体に摂りいれる事が出来るのです!

 

痰湿な方の場合は?

 

体内の巡りポイントにお水が滞ってしまうような痰湿タイプな方の場合は、このように通過障害が原因でほてりを感じやすいです。

 

汚れた水分が上手く排出されず汗の出口である汗腺をふさいでしまうので、上手く汗をかけずに熱を体内に留めてしまうためほてってしまうのがメカニズムであるのです。

 

このタイプは脂っこい物や塩分の濃い食事を好む方に多く、特に辛い物や塩気の強い物を食べた直後には痰湿が作られやすいです。翌朝起きた時にむくみを感じるのは、これが原因でもあるんですよ。

 

やはり対策としましては脂っこい食事は控え、野菜を中心としたヘルシーな食事を積極的に摂りいれる事。これにより胃腸が再び活発になり始め、代謝を上げる事にも繋がるんです。