妊娠をするとどうしても避けては通れない症状の1つに「つわり」があります。実におよそ8割以上の妊婦さんが吐きつわりや、眠りつわりと言った症状に頭を抱えていると言います。

 

ただでさえ妊娠は精神的にもきついですので、何とかしたい症状の上位と言っても過言ではありません。

 

さて、この色々種類がある中、つわりが始まる時期としましては平均してお腹に赤ちゃんを授かってから「5週目」から「12週目」まで悩まされるのが一般的ですが、これも体質によっては多少前後に変化したりする場合もあります。

 

体質によっては一切つわりに悩まされる事が無い方もいれば、出産間際までだらだらと引きづってしまう方もいらっしゃるのが特徴です。

 

また、色んな症状がありますが、最も多いのがやはり吐きづわりでしょう。胃に何も食べ物を詰め込んでいないと胸やけを覚える、何もしていないのに吐き気を覚えるなどです。

 

ホルモンバランスの変化によって異常な食欲が出てきてしまい、何か胃に食べ物を送らないと気持ち悪くなってしまうような食べづわりなどもありますね。

 

ヒトによってどうしてつわりの種類が異なるのか、それは体質や内臓のコンディション、ホルモンバランスの違いなど原因は様々なようです。

 

気虚の方の場合は?

 

気虚タイプの方はつわりになっても吐き辛いのが特徴です。全く気持ち悪くならないかと言われればそういう訳でもなく、胃もたれして食べ物が食べられないような状態が続いていきます。

 

そしてこのタイプが気を付けるべき点は疲れです。疲労が蓄積されていくと、どうしても症状が酷くなってしまう傾向にありますので、夕方以降夫の食事を作ると言った家事をするとなると苦しくなってしまう場合も・・・。

 

また、気虚タイプの方の場合吐きつわりが原因でご飯が食べられなくなる事による栄養不足も目立ちます。こうなってしまうと、つわりが出産直前まで延びてしまったり、お腹の赤ちゃんに質の良い栄養素が送れない悪影響も発生してしまいます。

 

出来れば食事から必要な食事を補えればよいのですが、どうしても無理な時は妊活サプリのようなサプリメントを上手く活用して行くのも1つの方法です。

 

血虚の方の場合は?

 

他のタイプは気持ち悪さが一時的に発生、すぐ治まるのが特徴ですが、血虚タイプの方の場合ですと長引いた気持ち悪さに1日を通して襲われるのが一般的です。

 

気持ち悪くてご飯が食べられない⇒胃に食べ物が入らない⇒胃酸がたくさん出て気持ち悪くなる、簡単に表せばこんな感じになります。ここで何かおかゆなどの食べ物を詰め込めれば良いのですが・・。

 

そして気持ち悪くなる⇒吐いてしまう⇒胃液を体外へと放出⇒血液が不足してしまう、これによって悪循環となってしまいますので、よりつわりの症状が悪化してしまうと言う訳ですね。

 

瘀血の方の場合は?

 

瘀血タイプが吐きつわりの中でも最も症状が重いと言われていて、どれぐらい酷いのかと言えば、食べ物を摂りいれた瞬間から気持ち悪くなってしまい吐いてしまう程です。

 

常に胃に何かしらの違和感を覚えている状態が続き、気が治まる時は少ないと言えるでしょう。食べたくないのは山々ですが、食べなければ栄養不足となってしまいさらに症状が酷くなってしまいます。

 

吐く事で胃液が消耗してしまいますと、より一層瘀血症状が悪化してしまいます。こんな時にはまず第一に考えるべき対策ポイントは血液の流れを改善する事。食物繊維が豊富で血行不良を良くしてくれるレンコンがおすすめ。

 

気滞の方の場合は?

 

気滞タイプの方がつわりに襲われますと、何の前触れもなくいきなり吐き気に襲われるのが特徴となっています。吐き気だけにとどまらず、実際に堪えきれなくなって戻してしまうと言う方も。

 

せっかく食事を摂って栄養素を摂りいれたとしても、無駄になってしまう場合が高いと言う訳ですね。そして気滞タイプの方は自律神経が乱れやすい状態となってしまい、これが原因となってつわりを悪化させてしまいます。

 

まず大切なのはつわりに負けない環境作りから。毎日を出来る限り穏便に過ごすようにし、些細なストレスであったとしても感じないようにする事が重要。アロマを嗅いだり、好きな音楽をかけてリラックスをしましょう。

 

胃腸を常に綺麗に保っておく事でストレスを軽減出来る場合があります。そんな時におすすめな食材がエンドウ豆。スープにしたり炒め物にして美味しく頂きましょう。

 

陰虚の方の場合は?

 

食事やお菓子などを食べる事で、胃に不快感を覚えやすくなるのが陰虚タイプに多く見られるパターンになります。瘀血タイプと同じく、食べたらすぐに戻してしまう事も多いです。

 

このタイプが吐き気を催してしまう1番の原因が体内の水分不足。お水などをあまり飲まないですので、体内の特に胃の辺りが乾燥してしまっているんです。ですから、食べ物を上手く消化できないと言う訳ですね。

 

これが原因で毎日何となく身体がどんよりしてしまったりと、体調だけでなく気分も沈みがちになってしまいます。そのため、まずは水分を補う必要があります。そんな時におすすめな食材が梅です。

 

体液を増やしてくれる作用があるだけでなく、食欲が低下しがちな妊娠初期にもきちんと食欲増進効果をもたらしてくれるため、栄養不足になりがちな妊婦さんへの強い味方となってくれるでしょう。

 

痰湿の方の場合は?

 

何だかあまり食事を摂っていないにも関わらず、胃の辺りが重く感じてはいませんか?痰湿タイプの場合はこのように、胃に重量感があり、お腹に水が溜まっているがごとくポチャっと音が鳴るのが特徴。

 

実際に胃の中には胃液の他に水分が蓄積されており、食べ物を食べても消化までに至らずに逆流をして戻してしまうと言う訳ですね。食べた瞬間に気持ち悪くなる訳ではないですが、吐いてしまうのは考えものです。

 

胃に水分が溜まっている=身体が冷えやすい状態になっている訳ですので、まずは身体を温めるところから始めてみましょう。身体をポッカポカにしてくれる有名な食材はしょうがです。ジンジャーティなどを飲んで身体を温めて行きましょう。